検索
user

ショートカットメニュー

×
はてなハイクアラモード設定
ヘルプ・使い方
ログイン
ユーザー設定(はてなサイトへ)
イライラしたら押すボタン(PC用)
Myはてな(はてなサイトへ)
ymd-y

ymd-yさんのエントリーid:ymd-y

540 fans

user
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y
ymd-y

ymd-y id:ymd-y


>>
「血を採るのは痛くない」ファルークはなだめにかかった。「ぜんぜん痛くない注射なんだ」
「注射は痛いに決まってる」ヴィノドは言った。
「ほう、注射が怖いんだね?」ファルークは小人に訊いた。
「この血はいま使ってるんだ」というのがヴィノドの答えだった。
ISBN:4105191063
<<
>>
部屋を出てエレベータに向かう途中、ひとりの男が紙とペンを持って追いかけてきて、アインシュタインにサインを求めた。彼はサインに応じた。エレベータのなかで私はアインシュタインの方を向き、「こんなふうにいろんな人に追っかけられるってのは、たいへんでしょうね」と話しかけた。すると彼は、「これは人喰い習慣の最後の名残なんだ」と言った。私が困って「どういうことです?」と訊くと、彼は「吸い取られるものが血からインクに変わっただけなのだよ」と答えた。
ISBN:9784150505073
<<

ymd-y
ymd-y
次のページ